iPhoneが水没!水に濡れた時の応急処置とは

iPhone7には待望の防塵・防水機能が追加されましたが、それ以前のiPhoneシリーズは防塵・防水機能は非対応です。
日常生活に欠かせないiPhoneは、水濡れの危険にさらされる機会も多いです。
うっかりキッチンやトイレで水の中に落としてしまったり、大雨などで濡れてしまったりという経験をした方も多いのではないでしょうか。
 

 

今回は、iPhoneが水に濡れてしまった場合の応急処置についてご紹介します。

 

とにかく電源を切るのが最優先!

iPhoneを水の中に落とした場合、まず電源を落とします。水に濡れて電源が切れてしまった場合は、そのまま電源を付けないようにして下さい。
画面が付いていて操作できるからといって、一度水没や水濡れしたiPhoneをそのまま使うと、内部の腐食や故障の原因になります。水濡れ、水中への落下が起こった場合は、とにかく電源を落としましょう。

 

SIMカードを抜いて速やかに水分を拭き取る

電源を落としたら本体の水分をできるだけ拭き取ります。カバーが付いている場合はカバーを外して拭かないと、確実に水分を拭き取ることができません。イヤホン端子やDOCKコネクタ部分は綿棒やティッシュを細くしたもので、中に入り込んだ水分を吸い取りましょう。この時、叩いたり擦ったりしないように気を付けて下さい。かえって中に水分が入り込んでしまう恐れがあるからです。
ある程度水分を拭き取ったら、本体からSIMカードを抜き取ります。iPhone購入時にSIMカードを取り出すための針金のようなツールが付属していますが、それがない場合はクリップを伸ばすことで代用できます。取り出したSIMは、なくさないようにしっかり保管しておきましょう。

 

水分を拭き取ったら本体を乾燥させる

iPhoneの水分を拭き取っても、内部に水分が残っている可能性があるため、iPhoneを乾燥させることが必要です。
急いで乾燥させたいからといって、ドライヤーなどで急激に熱するのは厳禁です。iPhoneは精密機械なので、内部が高温で故障したり、バッテリーが過熱されて爆発するなどの危険があります。

 

iPhoneを乾燥させるには、iPhoneをティッシュや吸水性のよいタオルで包み、乾燥剤を入れたジップロック袋に入れて密閉する方法が一番です。乾燥剤は、お菓子や海苔のパッケージに入っているものを数個入れます。ジップロック袋が無い場合は、ビニール袋に入れて空気を入れ、できるだけ密閉します。
乾燥剤入りの袋に入ったiPhoneを、高温にならない乾燥した場所に置き、数日放置します。その後、SIMカードを挿入して電源を入れ、画面やスピーカー、カメラなど、動作に問題がなければOKです。

 

応急処置を行っても改善されなかった場合

乾燥剤入りの袋に入れて放置した後、電源が入らない、カメラがおかしい、スピーカーの音が鳴らないなどの不具合が解消されなかった場合は、iPhone修理が必要です。
無理にiPhoneを振ったり、再度乾燥剤入りの袋に入れて放置しても、残っている内部の水分が奥に広がったり、乾き切らずに腐食してしまったりという危険があります。
アップルストアやiPhone修理を扱っている非正規店など、修理を受け付けてくれるところはたくさんあるので、速やかに修理に出しましょう。

iPhone修理店、正規店と非正規店の違いとは?

iPhoneが壊れてしまったとき、修理してくれるのはApple Storeだけではないというのはご存知ですか?実は、iPhone修理には、Apple Storeに限らず、修理を受け付けてくれるお店が他にもあるのです。
最近では、iPhoneの故障に多いバッテリーやホームボタンの不具合や液晶割れなどに対応してくれる、非正規店と呼ばれるお店が増えています。実は、非正規店にも意外とメリットが多いです。
これからiPhone修理を考えている方のために、正規店と非正規店の違いについて説明します。

 

iPhone修理の正規店とは

iPhoneを修理する際、まず思いつくのはApple Storeです。もちろん、Apple StoreはiPhone修理の正規店です。しかし、Apple Store以外にも、全国にiPhone修理の正規店というものがあります。
それが、Apple正規サービスプロバイダと呼ばれるものです。全国の家電量販店など、Apple製品を取り扱っている店で、Apple Storeと同等の修理を受けることができます。

 

Apple Storeをはじめとした正規店は、Apple純正品の部品のみを使って修理を行うのが特徴です。
また、正規店でiPhone修理を行う場合、ガラスおよび液晶の破損やバッテリー交換は部分修理を行いますが、水没などの場合はすべて本体の交換となります。そのため、修理費用は高くなりがちです。
さらに、正規店で修理に出すと、iPhone内に保存されているデータはすべて初期化されます。これは、本体交換だけでなく、画面交換などの部分修理でも同様です。
正規店にiPhone修理を依頼する際は、バックアップを取るのを忘れないようにしましょう。

 

iPhone修理の非正規店とは

iPhone修理の非正規店は「非正規」という言葉のせいで、うさん臭さを感じてしまう方は多いかもしれません。しかし、非正規店は、正規店に比べてメリットもかなり多いです。
Apple Storeなど、正規店の修理は基本的に予約制の上、常に混雑しているためかなり待つ事になります。非正規店は、予約なしの即日対応が可能な店がほとんどです。iPhoneは毎日使うものですので、すぐに修理対応してくれるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

非正規店は正規店と違い、Apple純正ではない修理部品を使う事もあります。ただ、純正でないと言っても、iPhoneで使用している部品は決して特殊な部品ではないので、世界中で汎用品が利用されています。そのため、同品質で価格の安い部品を使って修理することができるのです。
また、非正規店は故障箇所の部品を交換して修理を行うため、正規店のようにデータを初期化する必要がありません。物理的な破損や水没などでのデータ消失の場合は仕方ありませんが、非正規店なら大切なデータを消さずに修理することも可能なのです。

 

正規店と非正規店の保証について

非正規店で修理を受けると、Apple正規店の保証やAppleCare+の保証を受けられなくなってしまう可能性があります。そのため、もしも本体の保証期間内や、AppleCare+の期間内であれば、まず正規店で修理を受けるのがおすすめです。AppleCare+に加入している場合は、2回まで保証価格で修理を受けることができます。

 

非正規店で修理を受けた場合は、正規店での保障適用外になってしまう代わりに、そのお店独自の保証が付いている場合が多いです。保証期間内であれば無料で修理を受け付けてくれることがほとんどですので、非正規店で修理をする場合は、できるだけ3ヶ月以上の長期保証が付いているお店を選ぶのがおすすめです。