信用できる非正規iPhone修理店を見分け、安心して預けよう!

iPhone修理は、アップルストアをはじめとした正規店だけでなく、非正規店でも受け付けてくれます。非正規店というと、どうしても不安を感じてしまうという方も多いかもしれませんが、非正規店の中にもきちんと修理をしてくれる業者もあります。iPhone修理で失敗しないために、信用できる非正規店の見分け方のポイントを調べました。

 

正規店と非正規店はどう違う?

iPhone修理の正規店は、Apple純正の部品のみを使って修理し、Appleから認可を受けています。
一方、非正規店では、必ずしもApple純正の部品を使って修理するわけではありません。

 

Appleから認可を受けていないということで、非正規店を選ぶメリットはないと思われがちですが、実はそうとも言い切れません。非正規店は、修理費用が安い、待ち時間が短い、必要な部分のみを修理するのでデータが初期化されないなど正規店と比べてメリットは意外と多いのです。

 

修理を依頼する前に見分ける方法とは?

iPhoneが普及するにつれて、iPhone修理の非正規店も増えてきました。今では、駅の中でもiPhone修理を扱う店があるなど、iPhone修理の非正規店は一般的なものになっています。非正規店にiPhoneを修理に出す前に、その店が本当に信頼できるかどうか確認してみましょう。

 

問い合わせたときの対応をチェック

まず、修理の問い合わせをした時の対応は要チェックです。
iPhone修理の経験が豊富な店なら、電話での問い合わせだけでも、故障箇所や原因を判断できます。電話で問い合わせをした時、丁寧な聞き取りがあり、すぐに故障箇所と原因を特定してくれるのは信頼できる非正規店の目安です。
また、水没等の場合は応急処置の方法を教えてくれるのも、信頼できる証と言えます。

 

ホームページの表示と実際の価格の差に注意

多くのiPhone修理店は、ホームページを持っています。良心的な業者であれば、修理箇所や故障の原因によってホームページに修理代金の目安を表示しています。
しかし、電話での問い合わせや実際に修理に出したとき、ホームページの表示価格とかなりかけ離れている場合があります。あまりにもホームページの表示価格より実際の価格が高い場合、あまり信頼できるお店とは言えないでしょう。
また、修理代と作業代、部品代が別々になっている店もあるため、総額の確認を忘れずに。信頼できる業者であれば、料金が別になる場合はその旨が記載されていますが、何の記載もなく追加料金を求められる場合は、その非正規店での修理はおすすめできません。

 

細かく修理箇所を説明してくれるのは信頼できる店

信用に足るiPhone修理非正規店は、実際に修理に出す際、どの部分をどのように修理するかきちんと説明してくれます。
たとえば、液晶の故障であれば、何が原因でこのような状態になり、どうしたら元に戻るかをわかりやすく説明してくれるお店であれば、安心して修理を任せていいでしょう。
また、専門用語を用いず、わかりやすい説明をしてくれるお店ほど、ユーザーの事を考えている、信頼できる非正規店と言えるでしょう。

 

 

非正規店とはいえ、きちんとした店選びをすれば、正規店より安く、しっかりと修理してもらえます。メーカー保証は受けられない場合もありますが、非正規店でもショップ独自の保証がある場合が多いので、iPhone修理の際には、信頼できる非正規店に修理を依頼するという選択肢を考えてみるのもおすすめです。