iPhoneの容量が足りなくなる前に!簡単にできるデータの整理術

iPhoneを長く使っていると、画像や音楽、アプリなどでだんだんiPhoneの容量が少なくなってきます。容量が圧迫されてくると、iPhoneにも負担がかかり、故障の原因にも繋がります。容量不足からの故障によってiPhone修理不可避になってしまう前に、日頃からデータの整理を心がけましょう。

 

不要なアプリの整理は定期的に行うのが大切

iPhoneには便利なアプリがたくさんあります。しかし、ダウンロードしたものの、思っていたのと違ったり、何度か使って飽きてしまったりというアプリも結構あるものです。
iPhoneが進化するにつれ、内蔵メモリの容量もどんどん増えてきたため、こうしたアプリをそのまま残しておいても特に困らなくなってきました。しかし、使わないアプリが溜まっていくのは無駄な容量を使うだけでなく、不要なアプリのアイコンが多くて使い勝手も悪くなります。
不要なアプリの整理を定期的にすることで、すっきり快適に使いましょう。

 

不要なアプリを削除するのは、アプリのアイコンを長押しして一つずつ削除する方法もありますが、設定画面から削除する方が簡単です。
【設定】→【一般】→【ストレージとiCloudの使用状況】→【ストレージを管理】を開くと、アプリの一覧が出てきます。この中から、いらないアプリを選んで削除するだけです。
一覧にしてみると、意外と不要なアプリがたくさんあるのに気付きます。アプリの削除だけでも、かなりの容量を確保することができます。

 

溜まりがちな写真データはクラウドに保存

iPhoneはカメラの性能も良く、手軽に写真が取れるため、メモ代わりに気軽に写真を撮るなど、日々写真の枚数が増えていくものです。そのため、写真のデータはいつの間にかかなりの容量になって、ストレージを圧迫します。
Googleフォトをはじめとした、ファイルストレージサービスのアプリを使う事で、撮った写真をクラウドに保存できます。そして定期的にiPhone内のカメラロールを削除することで、写真データの溜まりすぎを抑えられます。写真の整理にもなるので、クラウドを利用するのはおすすめです。
クラウドに保存すると画像が圧縮されますが、SNSなどにアップする分には劣化を感じるレベルではありません。劣化させず、印刷したい画像データは、直接パソコンに保存するか、外付けメモリに保存するといいでしょう。

 

音楽データを整理して容量を確保しよう

iPhoneの大容量化に伴い、音楽や動画データも気軽に入れられるようになりました。しかし、音楽や動画データは、容量が大きいものです。視聴頻度の低いデータを整理することで、容量不足を防ぐことができます。
データの整理は非常に簡単で、「ミュージック」または「ビデオ」アプリを開き、 削除したい曲や動画を長押してライブラリから削除するだけです。削除する際は、元のデータがパソコンなどにバックアップしてあるかの確認を忘れずに。

 

 

まとめ

大容量のiPhoneだからといって、不要なデータをたくさん入れておくと、少しずつメモリが圧迫されて動作が遅くなるなどの不具合に繋がります。容量不足にならないように気を付ける事で、故障の可能性も低くなります。
iPhoneを長持ちさせるためにも、日頃からデータの整理を習慣づけ、iPhoneの中をすっきりとさせておきましょう。