iPhoneのホームボタンが作動しない時はどうしたらいい?

iPhoneを使う上で、最も頻繁に触るのがホームボタンです。そのため、iPhoneの部品の中で、一番故障が多い場所でもあります。
 

 

ホームボタンはiPhoneの動作の基本となる場所なので、使えなくなってしまうと非常に困ります。
もしもホームボタンが作動しなくなった場合、iPhone修理に出す前にできる確認方法や対処法を調べてみました。

 

ホームボタンの不具合の多くはiPhoneの負荷が原因

ホームボタンが作動しなくなる不具合は、iPhoneにかかる負荷によって処理が遅くなったり、止まってしまったりすることが原因の場合がほとんどです。アプリの切り替えやホーム画面に戻る時はホームボタンを押しますが、この状態ではバックグラウンドでアプリが動いたままになっています。いくつものアプリを切り替えてバックグラウンドで作動させたままになっていると、iPhoneの処理に負荷がかかって、ホームボタンの反応が鈍くなったり、作動しなくなったりします。

 

この場合、アプリを終了させることで不具合が解消されます。
ホームボタンを二度押してマルチタスク画面を表示させると、現在立ち上がっているアプリがすべて表示されます。不要なアプリを上にスワイプする事で、アプリを終了させることができます。
アプリを終了させることでホームボタンの動きが改善されればOKです。アプリを不要に立ち上げすぎないように気を付けましょう。

 

iPhoneを再起動するのも対処の1つ

アプリを終了させることがホームボタンの動作不良の解消に有効ですが、全くホームボタンが動かない場合、iPhoneを再起動する必要があります。
アプリの動作不良や、アプリが固まってしまったことが原因によるホームボタンの動作不良は、再起動によって解決することがほとんどです。一度電源をオフにして、もう一度起動してみましょう。電源を切る事で、全てのアプリが終了するため、iPhoneにかかる負荷が解消されます。

 

ホームボタンの動作不良が長く続く場合

アプリの終了や再起動をしてもホームボタンの動作不良が解消せず、長期間にわたって反応が悪い、動かないと言った場合は、ボタン自体に問題がある場合があります。
スイッチ部分の接触不良や、センサーの動作不良の可能性が考えられます。ホームボタンの押す強さや角度によって反応が変わる場合は、まず接触不良が原因と考えていいでしょう。
この場合は、再起動などで解消する問題ではないので、iPhone修理に出す必要があります。ホームボタンの修理はアップルストアだけでなく、家電量販店の正規プロバイダや、非正規店でも受け付けてくれます。

 

ホームボタンが使えない時の緊急手段

iPhoneを修理に出すことになっても、修理に出すまで全くホームボタンが使えないのは不便です。応急処置として、「Assistive Touch」という機能を使うと、ホームボタンの代わりに使えます。【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】から、「Assitive Touch」をオンにすると、画面端に半透明の丸いアイコンが表示されます。
このアイコンをタッチするとショートカットメニューが出てきて、ホームボタンの役割をすることができます。使い勝手はあまり良くないですが、どうしても操作したい時の手段としては有効です。