iPhoneの画面は絶対割りたくない!落下を防いで長持ちさせる方法

iPhoneを使っているうちに、うっかり落としてしまって表面のガラスが割れてしまったという事はありませんか?
 

 

iPhone修理店に持ち込まれる破損トラブルで最も多いのが、液晶のガラスが割れるトラブルです。
大切なiPhoneのガラスを割らずに使うために、落下を防ぎ、長持ちさせるための方法をご紹介します。

 

画面保護シートでカバーする

iPhoneのガラスを割らないために最も一般的な方法は、画面保護シートを貼ることでしょう。
家電量販店では、様々な種類の画面保護シートが売っています。中でも人気なのは、極薄のガラスシートと、ポリマー素材で作られたフィルムシートです。

 

ガラスのシートは、iPhoneを全面的に保護し、落下しても衝撃に強いため、画面のガラス割れを防いでくれます。価格は割高で、1,000円から数千円するものまでありますが、画面を保護するには非常に効果的です。

 

また、ポリマー素材で作られたフィルムシートは、通常のフィルムより厚めに作られており、画面への衝撃をやわらげてくれます。ガラスに比べると保護力は多少落ちますが、バンパーやケースと組み合わせる事で、画面のガラスをしっかり守ってくれます。
こうしたガラスシートやフィルムシートを画面に貼る事で、ぶつけたときや落下したときの衝撃から画面を守るのが基本です。

 

iPhoneをケースに入れる

iPhoneは新型機種が出るにつれ、ますます薄くて軽くなりました。そのため、ケースに入れるのを好まない方もいます。
しかし、ガラスを割らずに長く使うためには、やはりケースに入れるほうが安心です。前面を覆うことができる手帳型のケースはデザインも豊富で、落下したときに破損しづらいというメリットがありますが、厚みが増してかさばるというデメリットもあります。

 

iPhoneの軽さや薄さはそのままに、丈夫なケースを付けたいという方には、ポリカーボネート性のケースがおすすめです。薄くても非常に丈夫な素材なので、iPhoneのデザインや機能性を損なわずに、しっかりと保護してくれます。
その他にも、衝撃吸収力の強い樹脂製のケースなどもあり、ケースの素材によって機能も様々です。手触りや質感の好みもありますので、自分に合ったケースを選びましょう。

 

落下防止に効果的なバンカーリング

iPhoneのガラスが割れる原因の多くは落下によるものです。どんなに保護していても、落としてしまえばガラスが割れる危険性は高まります。
バンカーリングは、iPhoneの落下を防いでくれるアイテムです。iPhoneの背面に貼って、指を通すことのできるリングが付いています。リングに指を通して持つ事で、しっかりiPhoneをホールドすることができる上、万が一手が滑ってもリングが指にかかっているため、落下を防ぐことができます。

 

ガラスを割らないためには対策を重ねるのが有効

iPhoneを保護するための製品は様々です。ガラスを守るために確実性を考えるなら、複数の対策を取るのがおすすめです。
たとえば、画面保護シートを貼り、ケースに入れて、バンカーリングを使えば、三重の対策になります。どんなに気を付けていても、iPhoneは毎日使っている分、思わぬことがきっかけでガラスが破損する危険はあります。それを避けるためにも、できるだけの対策を講じるようにしましょう。