iPhoneの音が出なくなったらどうすればいい?

iPhoneの音が突然出なくなってしまった場合、原因はスピーカーの故障だけとは限りません。iPhoneの音が出なくなってしまうトラブルには、いくつかの原因があります。
不具合の原因を確認する事で、iPhone修理に出さなくても音が鳴らないトラブルが解消できる場合もあります。突然iPhoneの音がでなくなった時の対処法をまとめてみました。

 

スピーカーから音が出ているか確認しましょう

iPhoneの音が出ないと思ったら、まずスピーカーが正常に作動しているかの確認が必要です。イヤフォンやヘッドホン、Lightningケーブルなどを外し、Bluetoothの設定も切った状態でスピーカーの動作確認をします。

 

【設定】→【サウンド】→【着信音と通知音】から、ボリュームのスライダーを動かしてみましょう。スピーカーに不具合がなく正常に作動している場合は音が聞こえてくるので、スピーカーの故障ではなく、マナーモードなどで音が出ない設定になっているのが原因です。

 

意外に多いマナーモードの設定ミス

iPhoneの音が鳴らないトラブルで意外に多い原因が、マナーモードの設定ミスです。iPhone本体側面にあるスイッチを切り替える事で、マナーモードのON/OFFを切り替えることができます。iPhoneの音が出ない場合は、このスイッチを切り替えてみましょう。
オレンジ色の横線が見えていたらマナーモードになっています。音量設定をしていてもマナーモードになっていると音は出ないため、このスイッチをオフにした上で着信音が鳴るかチェックしてみましょう。
もしもスピーカーから音が出るのに、スイッチを切り替えてマナーモードを解除しても着信音がならない場合は、スイッチ部分の接触不良など故障の可能性があるため、iPhone修理に出す必要があります。

 

Bluetoothのペアリングを解除してみる

Bluetoothは非常に便利なデバイスです。普段からBluetoothを使っていると忘れがちですが、BluetoothをiPhoneとペアリングしていると、音の出力はスピーカーではなく、Bluetoothスピーカーやヘッドフォンに切り替わっています。
そのため、iPhoneの内蔵スピーカーから音が出ない場合、Bluetoothをオフにしてみましょう。画面の下から上にスワイプするとコントロールパネルが表示されるので、Bluetoothをオフにします。Bluetoothとのペアリングを解除する事で、内蔵スピーカーに音の出力が切り替わります。

 

イヤフォンコネクタのほこりは要チェック

イヤフォンから音は出るのに内蔵スピーカーから音が出ないという場合、イヤフォンコネクタの差込口にほこりや汚れが溜まっているのが原因となっていることがあります。ほこりが差し込み口に付着する事で、イヤフォンコネクタの誤作動を引き起こしてしまうのです。
対処法はほこりを取り除くことですが、綿棒などでは逆にほこりを中に押し込んでしまう危険があります。また、無水アルコールを使ってふき取る方法もネットでは紹介されていますが、無水アルコールによって新たな別の不具合を引き起こす可能性もあるため、避けた方がいいでしょう。
ほこりを取り除くには、柔らかいブラシで払うか、エアダスターなどでほこりを吹き飛ばしましょう。

 

何をやってもダメな場合の対処法

上記の対処法を試してもiPhoneから音が鳴らない場合、iPhoneのシステムが原因の場合があります。マナーモードのスイッチをオフにしたのを確認してからiPhoneを再起動しましょう。アプリが不安定だったり、システムの不具合が原因の場合は、再起動によって解決する場合があります。
再起動しても音が鳴らない場合は、初期化するという手段もありますが、初期化の場合全てのデータが失われるなどデメリットもあるため、再起動して症状が改善されない用であれば、iphone修理に出すのがおすすめです。