iPhoneの再起動とリセットはどう違う?

長くiPhoneを使っていると、動作がだんだん遅くなったり、頻繁に電源が落ちたりする不具合が発生する場合があります。
そうした不具合が発生した場合、iPhone修理に出す前に、アプリを終了させる、不要なデータを削除するなど、いくつかの対処法があります。しかし、それでも不具合が解消しない場合の手段として用いられるのが再起動とリセットです。
実はこの二つは、同じようで全く違うものなのです。今回は、iPhoneの再起動とリセットの違いや、状況に応じた使い分け方を説明します。

 

iPhone のリセットは最終手段

iPhoneの不具合には、再起動とリセットの二つの対処法があります。
再起動は、iPhoneの操作によって電源を落とし、もう一度電源を入れ直すことです。それに対して、iPhoneのリセットとは、強制的に電源を落として再起動させることです。
同じ再起動のようですが、リセットの方は、操作を受け付けない状態になってしまったiPhoneの電源を強制的に落として再起動させるため、最終手段と言えます。

 

再起動とリセットは、状況に応じた使い分けが必要です。
リセットは電源の入った状態から無理にiPhoneの電源を落とすわけですから、それだけ負担がかかります。間違った対処をしてしまうと、iPhoneに致命的なダメージを与えてしまう場合もあります。

 

 

 

不具合が起きたらアプリ終了と再起動を試す

iPhoneの不具合に多いのが、動作が急に遅くなったり、アプリが止まってしまったりするなど、iPhoneが不安定になるトラブルです。
そんなときは、まずアプリを終了させるのが一番簡単な対処法です。アプリ自体の不具合や動作不良であれば、ホーム画面を二回押してマルチタスク画面を呼び出し、アプリを終了すれば不具合が解消する場合が多いです。

 

しかし、それでも動作が不安定な場合は、アプリだけの問題ではなく、iPhone本体のトラブルの可能性が考えられます。そんな時に試すのが、再起動です。
再起動をする前には、作業中のデータや編集中のデータがあれば必ず保存を忘れずに。再起動の方法は、ホーム画面の状態から、iPhone上部の電源ボタンを長押しします。すると、「スライドで電源オフ」という画面に変わるので、バーを右にスライドさせて電源を落とします。
それから再度電源ボタンを押すと、Appleのロゴである林檎のマークが表示され、電源が入ります。
この一連の動作がiPhoneの再起動です。動作が遅い、動きが止まるなどのトラブルは、大抵の場合この再起動で解消します。

 

 

リセットはどうにもならない時の最終手段

iPhoneのリセット=強制再起動は、何をしても操作を受け付けなくなった場合の最終手段です。ホームボタンを押しても何の反応もしない、電源ボタンを押しても画面が消えず、再起動もできないといった場合は、リセットを行います。
この場合、強制的に再起動する事になるため、保存していないデータは失われてしまいます。

 

リセットの方法は、機種によって違います。iPhone 7 とiPhone 7 Plus の場合は、電源ボタン&音量を下げるボタンを一緒に押し、そのままAppleのロゴマークが表示されるまで、10秒以上押し続けましょう。ロゴマークが表示されたらボタンから指を離して大丈夫です。iPhone 6sより前の機種や、iPad、iPod touch の場合は、電源ボタンとホームボタンを一緒に、 10 秒以上押したままの状態にします。

 

これらのリセット操作を行っても状態が改善されない場合は、残念ながら故障の可能性が高く、iPhone修理に出す必要があります。むやみにリセットを繰り返すと、ハードウェアに重大なダメージを与えてしまう危険もあるので、リセットをしても不具合が改善されないようであれば、速やかにiPhone修理をするのが一番です。